「私は愛されている」

arc
何か良いことがあると、自然と感謝が湧き上がってきたり、「愛されている」と感じたりすることが容易にできます。

でも、辛いことがあったり、体調を崩したり、急に不安な気持ちに襲われたり、不運だと思うようなことを体験している時には、この「愛されている」という感覚を持つことは、とても難しいことだと思います。

でも、辛い時こそ「愛されている」と感じることできたら、どんなに救われることでしょう。

ずっと以前に学んでいたアロマのレッスンで、「全ては愛の中で起こっている」という言葉に出会った時、心の奥底ではそれが真実だと反応しながらも、心レベルで納得するまでには時間がかかりました。

今では、「全ては愛の中で起こっている」と完全に信じることができるようになりましたが、これまで何度も辛いことがある度に、マントラのようにこの言葉を唱えていたことが懐かしいです。

「私の日常の中で起こる全てのことは、私の中の愛を思い出すために起こっている。」

そう思うことで、何度救われたことでしょう。

「愛がないから苦しんじゃない。愛があるから苦しんだ。」

そう何度、自分に言い聞かせたことでしょう。

本当によく観察していると、最悪だと思う状態の時でも、そこに救いが用意されています。

どんなに辛い時でも、「まだ、こうして生きている、生きていることだけでも、すごいことだ…」と思えたら、もう大丈夫です。

生きてもいたくないほど苦しくても、でもやっぱり生きている…。そのことが、本当はとても有難いことだと気づけたら、もう大丈夫です。

人は、自分の中で「愛されている」という感覚を持てることができたら、何が起きていても、心を強くしていられます。

「私は愛されている」

何か良いことがあったわけでも、誰かから愛される行為をされた訳でもなく、どんなに暗闇の中にいてもそう感じることができるように多くの人になってもらいたいと思っています。

「みんな愛されているんだよ!」と、地球上に響き渡るくらいに声を張り上げて叫びたいくらいです。

「みんな、愛されている」

これは、真実です。

ザリッチ宏枝