Aspen RapidWeaver 8 Blog Style
Core Harmony
  • お問い合わせ 0

Core Harmonynews & notes

向かっている場所

夏至を越して、次への冬至へと、地球の、私たちの、ジャーニー(旅)は続いています。

先日の夏至の日に開催した「アイカタリ」では、その場にまた大きな「解放」のエネルギーが流れて、私のハートチャクラが昇天(エクスタシー)に達するような感覚になる瞬間が何度かありました。

これは何が起こっているかというと、肉体と、エネルギー体と、宇宙意識が一体になっている状態。

それは、喜びのエネルギーで溢れた状態です。

この状態が、きっとこれからは普通になって、ずっとずっと、この昇天状態で生きていくことが、これからの地球、そして私たちが持つ感覚になるのだろうと確信しました。

地球上で起こる現象は、益々いろんなことが炙り出されていくことになるだろうなと思います。

個人的にはシンクロニシティ(心の中で思ったことが、現実にすぐに現れる)がすごい速度で進む最近の流れの中で、主人に誘われて、HBOが作成した「チェリノブイリ」のドラマ(5話構成)を見ましたが、そこで、何がもうこの地球上で終わりかけているのかを、はっきりと見せられたように思いました。

あのような悲劇が起こった根本の原因は、「うそ」でした。

あの事故は、作業員の人為的ミスによるものと当初は思われていましたが、本当は、政府がもともとあった設計上の欠陥をひた隠しにしていたが為に、あのような事故までに発展したことを、このドラマで知りました。このドラマは、真実をベースにした、ノンフィクションのドラマです。

このドラマを見て、「うそ」が、最も、これから必要でなくなるものとして、今地球上にある「うそ」がこれからもどんどんと、今まで以上に炙り出されていくことを確信しました。

この「うそ」は、個人のレベルでは、私たちの潜在意識の中にあるものを、否定したり、隠そうとすることにあたります。

なので、うそのない人間でいるためには、自分の中のどんな部分も、そのままで「そうなのか」と受け止めて、それを隠そうともせず、ただ、いることです。

別の言葉で言うと、そのままの自分で、素直に生きていく、と言えるかもしれません。

この時期、徹底的に自分のことをしっかりと見つめていくこと、正直に向き合っていくことが、大切だと感じます。

それをするのに、コアハーモニーが主催している傾聴の学校「ソクルス」のレベル1「自分との対話」の講座はとても良いので、もっとたくさんの人に受けてもらいたいなと思っています。

さて、もっと多くの人に届けるのにどうしたらいいのか?

それを、今とても考えているところです。

この記事のタイトルにした「向かっている場所」に関連して、私が地元の看護学校で教えている授業で生徒さんたちに創ってきてもらった「何もかもが可能な世界」のコラージュのコラージュを、ここにシェアさせて下さい。


blog_7.01.20

みんなが1人づつシェアしてくれた世界は、聞いている私も心の奥底から喜びが湧き上がってくるような感覚になりました。「もう絶対、みんな、これは叶うから!」と大声で叫びたくなりました。

自分の中に制限を設けなければ、必ずその世界は現実のものになっていきます。

そう、私たちの中に制限を設けなれば(これを私自身も実践し、伝えていきます)、思い通りの世界を創造していくことは可能です。

私たちは、そんな世界に向かっています。

そして、本当はもう、そんな世界を、今まさに、私たちは生きているのです。

2020年も後半は、社会がどう流れても、自分の日常は、より自由に、喜びに満ち溢れ、昇天の感覚の世界のなかで生きるよう、意識を磨いていきます。

皆さんも、どうぞ、その方向へ向かっていって下さいね。

ザリッチ宏枝

blog comments powered by Disqus