Core Harmony Blog
アイニカエル。アイカライキル。

「あなたにしか創り出せない世界を表現しなさい」



少し汗ばむ季節になってきましたが、吹く風は大変心地よく、いろんな草花の香り立つこの季節を大満喫しているところです。写真は、家から車で3分ほどドライブしたところにあるお花畑(伊勢市津村町)の花を撮影させて頂いたものです。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

私は自分の心に向き合うために、ジャーナリングというものを習慣にしています。

こちらのサイトでも
そのやり方をご紹介していますが、わたしは基本的には朝の時間に書き出します。もちろん、日中でもふと「ひらめき」があったり、内側から「書きたい」という衝動に駆られた時に、5分、10分でも時間を作ってジャーナリングをします。1日のうちに数回書くときもあります。

書く内容は、何があったかの記録のようなものだったり、突然の「ひらめき」だったり、何かわからないけど心の中が落ち着かない時に、ジャーナリングノートを開き、ペンを持って、しばらく待つと、少しづつ言葉が出始め、スッキリするまで書き出す、というようなことをしています。

先日、内側から溢れてくる感覚があり、すぐにペンを取りました。

その時に書き出した内容で、これは、私へのメッセージでもあると同時に、きっとこのブログを読んでくださっている誰かに届ける必要があるのだと直感的に思いましたので、以下にシェアさせて頂きます:

==============

世間は、あなたの世界に触れたがっている。

誰かが創ったものでなく、あなたにしか創り出せない世界を。

人がこうしているからでは、あなたが繋がるべき人とは繋がれない。

大きな規模でなくてもいい。

あなたを支えてくれるものだけが集まる。

だから心配しないで、自分にしか出来ないことを創り出しなさい。

世間がすごいとか、何とか言っていても、あなたがどう思うのか?を大切にしなさい。

他と比べてはいけません。

他の人のことは、情報としてみなさい。

これはいいアイデアだな、参考にしようでいいのです。

でもそれはあくまでも、自分の世界を洗練させるために取り入れるべきアイデアと、捉えるだけでいいのです。

全ての人はアーティストです。

自分にしか表現できないことを表現することこそ、「生きる」ということなのです。

あなたはアーティストです。

あなたが感じる、信じる世界を創り出しなさい。

今すぐそうしなさい。

==============

実は、このような言葉は、何度も何度も私のジャーナリングの中でこれまでも綴られてきました。

全く同じ言葉でなくても、いつも「あなたが感じるもの、信じるものをとにかく大切にしなさい。」という意味を持つ言葉がここ最近とても多くなっています。

これらは私が信じているから出てくるのか、どこからかメッセージを受け取っているのか、それはわかりませんが、でも書いている時も、読み返す時も、とても勇気を頂きます。

皆さんは、これらの言葉を読んで、何を感じたでしょうか?

これらの言葉が出た後、私はこちらの2人のアーティストの名前を書き出していました。それは、ただただふと思い浮かんできたからです。

Alicia Keys(アリシア・キーズ)
Aimee Mann(エイミー・マン)

Alicia Keysが去年の11月に出した”Here”というアルバムとAimme Mannの最近出したアルバム “Mental Illness”は、2人のそれぞれのインタビューで「やっと自分が心から好きだと思う音楽を作れた」と同じことを言っていたことを思い出したので、浮かんできたのでしょう。

この2つのアルバムは、メガヒットでも大ヒットでもありませんが、彼女たちが売れることを意識してつくった音楽なのでなく、本当に自分が創りたかった音楽を完成させたことに2人はとても満足している声が印象的でした。

私は、このアルバムを、これらのインタビューを聞く前から、不思議なくらいに自分の内側に染み入ってくるなあと聞いていたのですが、この2人のインタビューを聞いた時、ものすごく納得しました。

この後、私はこんな言葉を書いています:

=======

この2人は、売れるとか、他の人がどう思うかとか考えないで、あの音楽をつくった。

そういう音楽を聴いていると、自分の「アイ」が活き活きしてくる。

下手でも、磨き続けること。

好きなことなら、情熱は消えない。

純粋な気持ちからの情熱なら、どんな場でも「ありがとう」と最善を尽くせるはず。

自分が表現できる場があれば、どんな場でもいい。

とにかく「ありがとう」で、続けること。

それが一番大切なこと。

========

私の中で、どこか心細い気持ちがあるからこそ、出てきた言葉なんだと思います。

自分が自分を励ましている感覚をしっかりと感じながら書いた言葉です。

最初にシェアした言葉と、こちらの言葉の「質感」が違うのがわかるでしょうか?

これがジャーナリングでよく起こります。

皆さんにも何か表現したいものがあるのなら、どんなに小さな一歩でもいいので、表現し続けてみてください。

自分にしか創り出せない世界を、どうぞ表現し続けて下さい。

今日も私は、私にしか創り出せない世界を表現し続けます。

それが、「今を生きること」だと知っています。

ザリッチ宏枝

blog comments powered by Disqus