Core Harmony Blog
アイニカエル。アイカライキル。

空虚感

fourclover
伊勢は、葉桜になりました。他の草木も芽吹き出し、エメラルド色のごとく輝く新緑の山々が大変眩しい毎日です。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

皆さんの中には、ここ数年、自分の中に「情熱」というものがなくなってしまったと感じることが多くなった人はいませんか?

昔はあれほど夢中になってやれることがあったのに、最近は夢中になれるものが見つかっても、すぐに熱が冷めたり、興味があるもの自体が全くなくなってしまったと、空虚感を感じることが多くなった人はいらっしゃるでしょうか?

きっとこれまで夢中になれたものが多かった人は、それらのことを「やる(do)」ことで、何かしらの達成感を得ることができていた、だから今のような空虚感を感じると、「私は何をすべきか?何に夢中になるべきか?」と「やる」ことを探しては、これは違う、あれは違うとなってはいないでしょうか?

こんなときこそ、自分の中の情熱を探すための本を読んだり、ワークショップに出たり、何か新しいことを学びにいくことをしたくなります。でもその時は一次的に良くても、またすぐに心が空っぽになることを繰り返す人も多いと思います。

私自身もそうでした。私は、思い立ったら吉日ですぐに行動し、夢中になれるものもいっぱいあって、それを追いかけて情熱的にずっと生きてきました。

それがある時から、やりたいと思うことが出来なくなる流れが続いたり、自分の中からもやりたいと思うことが減っていき、これまでの生き方では全く通用しないような人生の流れの中にいる感覚で、このまま生きている意味もないのではないかと思ってしまうことが続きました。

それは数年続きましたが、このような時期を経て今言えることは、このことは、魂が次の段階へと成長するときに起こることなのだということがわかってきました。

これまでは周りから与えられたものの中で生きていればよかったのが、これからは自分で全て決めて生きていきなさいという人生のステージに入ったということも意味しています。

このような時は、あまり急いで夢中になるものを探したりしないで、腰を据えて、このプロセスを受け入れていく、ただ何もしないでもいいかというとそうではなく、自分の中のこの空虚感に向き合っていくことをしていくことが一番の近道になるのです。

この空虚感に向き合っていけばいくほど、自分が無くなっていく感覚がして、とても怖くなるのですが、そこへも怖がらず入っていく必要があります。

蝶々になる前の蛹の状態の時、一旦細胞が全て溶けていくと聞いたことがあります。

このとき、まず芋虫だった細胞を全て溶かして、蝶々になるための細胞に組み替えられるのでしょう。

ここで細胞が溶けても、芋虫だったときに持っているエッセンスは、蝶々になるときも受け継がれていきます。

モンシロチョウの芋虫が、蛹を経て、アゲハチョウにならないという原理と同じことです。

今、空虚感を感じている人は、この蛹に起こるプロセスのようなことが起こっているのです。

この時期は、今までの自分は何だったのかと思うほど、これまでのやり方、生き方が通用しなくなります。

自分の存在が無くなっていくようで、怖くて、また昔のような生き方へと戻ろうとしてしまいます。

でも、もう元には戻れないんです。

この時期こそグッと我慢して、自分だと思っていた自分を手放して、流れに身を委ねていくことが一番の近道になります。

このタイミングでこんな気持ちになるのも、このような人生の流れ、日常の流れになるのも、少し先に待っていてくれている「本当の自分」が、あなたを「今はここに目を向けなさいね」と語りかけてくれています。その「本当の自分」からの導きに、素直になっていくだけです。

こういう時は、周りの人と比べず、ただただ自分に起こるプロセスを信じて、自分の内側の声を信じて行動していって下さい。

みんなそれぞれにいろんなプロセスを経て、成長していきます。その流れは、唯一無二、1つとして同じプロセスはありません。だから周りと比べることは、無意味なのです。

私はこのプロセスに入ったときに、自分の内側の声と対話するために、ジャーナリングを始めました。コア・ハーモニーのサイトにも、そのやり方を掲載していますので、ぜひ参考にして下さい。

この空虚感は、あなたの中に情熱がなくなったからでも、存在価値がなくなったからでもありません。

この空虚感は、あなたがいよいよ本当のあなたに出会い、本当のあなたでこれから生きていく方向へ向かっているからこそ起こっていることなんです。

こういう時は、どうか怖いと思っても、どうか自分の内側へ入る勇気を持って下さい。

このようなときにどうしたらいいか、全て自分は知っています。

こういう時こそ、自分を信頼して下さい。自分の内側に意識を向けて、自分の声を聞いて下さい。

この空虚感を感じきった先には、あなたがずっと出会いたかった(思い出したかった)、本当のあなたに出会えます。

心細い時は、またこのブログへいらして下さい。

独りでは決してないことを、どうぞ覚えておいて下さい。

あなたは、必ず、「あなた」に戻ります。

今はまさに、そこへ向かう道を歩いているのです。

どうか、このプロセスに入った自分を信じてあげて下さい。

ザリッチ宏枝
blog comments powered by Disqus