Core Harmony Blog
アイニカエル。アイカライキル。

「傾聴の学校」が始まります。

桜の開花が始まりましたね。

私の中では、ワクワク感と、満開の時期を逃してはならぬというドキドキ感とが交差しています。今年は、どの桜を見に出掛けようかと考えているところです。

皆さんはこの時期、どのような感覚の中で過ごされているでしょうか?

突然のお知らせのようですが、ずっと私の中で暖めてきた「傾聴の学校」をこの4月から始める運びとなりました。

私は職業としてライフコーチをしていますが、そういうセッションの場でも、プライベートの場でも、私と話をすると、自然と涙出てきたり、誰にも言えなかったことを口にすることができたり、ずっと迷っていたことへの答えが出たり、大切なことを思い出せたり、誰かへの感謝が込み上がってきたりするという感想を頂くことが多く、「私もそんな風に人の話を聴けるようになりたい」という声を頂くようになりました。

それらのお声に応えたいとずっと思ってきましたが、「傾聴の学校」のようなものを始めたらよいのではないかと考え続け、やっとカタチになりましたのでご案内させていただきます。

まずは、この「傾聴の学校」では、「自分との対話」の訓練から始まります。

それは、全てのコミュニケーションは、自分の内側の状態が反映されるからです。

聴き上手な人は、自分自身としっかり向き合える力を持っています。

自分の心の中の素直に耳を傾けることは、とても大切なことですが、多くの人にとってとても難しいことでもあるようです。私自身もそうでした。

でも、これが出来るとは、本当に怖いもの無しになります。

まず、自分の心としっかりと向き合える心ができたら、次に「他人との対話」を訓練し、コーチングスキルを中心に学びながら、相手のために100%耳を傾けられる自分を育てていきます。

普段の生活の中では、ここまでの訓練で大丈夫です。

そして、さらにこのスキルを仕事の場で使っていきたいと思っている人に、「グループとの対話」というレベルで、2人以上がいる場を、どのようにファシリテーションしていくか、そんなことが出来る自分を育てていきます。

小さな学校ですので、公的な「資格」をいうものは提供できませんが、このような場で勉強したという「修了証」は発行させて頂きます。

この「傾聴の学校」は、小さい規模ながら、名前だけは立派なものにしました。

正式な名前は、「スクール・オブ・コンパッショネイト・リスニング・スキルズ」。

こんなにややこしい名前だと広がっていかないように思いましたので、英語で書くと、”School of Compassionate Listening Skills”となり、頭文字をとって、”SoCLS”、「ソクルス」と呼んでいきます。

「傾聴の学校、ソクルス」

としても、なんだかまだややこしい感じがしますね。

なのでは、しばらくは「傾聴の学校」と呼ぶことにしています。

先ほども書きましたが、この学校のプログラムは、レベル1からレベル3まであります。

4月からもう第1期生が始まります。

以前から興味があるとお声をかけて頂いた方々で始まりますが、あともう1名、お席がありますので、興味がある方は、ぜひご連絡を下さい。

第1期は、4月の中旬の週末から始まる予定で、参加者全員が出席できるようにスケジュールを一緒に調整しながら進めていきます。

以下、プロブラムの詳細です:

================

<プログラムのご紹介>

この「傾聴の学校(スクール・オブ・コンパッショネイト・リスニング・スキルズ)」では、「共感の傾聴力」を学びます。教育・研修の現場、子育て、カウンセリング、コーチング、コンサルティングなど、人とのコミュニケーションが発生する全ての場で役立てる「傾聴力」を取得して行きます。各クラス、定員5名までの少人数制で指導します。

プログラムは3つのレベルで構成され、受講修了後も、学んだ傾聴力を錬磨する場(研究科)が提供されます。

【レベル1「自分との対話」】

他者とのコミュニケーションの在り方は、自分とのコミュニケーションの在り方がそのまま反映しています。そのことから、他者へ深い共感を持って傾聴できるようになるために、自分の心に共感し、深く内観する力をまずは鍛えていきます。3ヶ月の期間、集中して自分の心と深く対話する訓練をしていきます。

主な内容:
  • 心の仕組みについて
  • 自分の人生との対話(これまでの人生の棚卸し)
  • テーマ別自分との対話
  • ジャーナリング

受講者が得られるもの:
  • 自分に正対する力(内観力)が高まることで、何事に対しても自分で答えを出しやすくなり、心の安定を持つことができるようになる。
  • その心の安定により、周りとのコミュニケーション力も高まる。
  • 他者との対話をより深めることができる心の土台を持てるようになる。

参加条件:
全ての取り組みに積極的に参加できる人(レポート提出、宿題、グループでのシェア)

受講期間/回数:3ヶ月/6回(月2回、1回2時間)
受講費:36,000円(税抜)

【レベル2 「他者との対話」】

ここではコーチングの手法を軸に、他者へ共感を持って傾聴するスキルを学び、錬磨します。身近な人をカウンセリング、コーチングするスキルが身につきます。家庭でも、仕事場でも、全ての場で応用できる傾聴力の向上を目指します。

参加条件:
レベル1を修了した方
全ての取り組みに積極的に参加できる人(レポート提出、宿題、グループでのシェア)

主な内容:
  • コーチングの基礎
  • 状況別傾聴力の訓練
  • 共感の傾聴力の錬磨

受講者が得られるもの:
  • コーチングスキルを高め、実際に他者にコーチングが出来るようになる。
  • 自分の傾聴癖に関して直接指導を受けることができ、改善することができる。
  • 他者とのコミュニケーション力が高まり、人間関係の改善、日々の生産性が高まる。

受講期間/回数:3ヶ月/6回(月2回、1回2時間)
受講費:48,000円(税抜)

【レベル3「グループとの対話」】

2人以上のグループをコーチングしたり、ファシリテーションする力を身につけていきます。傾聴力に関する研修のデザイン、ティーチング、ファシリテーションの指導を行います。

参加条件:
レベル2を修了した方
全ての取り組みに積極的に参加できる人(レポート提出、宿題、グループでのシェア)

受講者が得られるもの:
  • 傾聴力に関する研修をデザイン、ティーチングする力が身につく。
  • 2人以上のグループのコーチング、ファシリテーションする力が身につく。

受講期間/回数:3ヶ月/6回(月2回、1回2時間)
受講費:90,000円(税抜)

【研究科】

レベル2、またはレベル3までを終了した受講生を対象に、テーマ別に練磨会を月例で開催します。基礎を学んだ後も、引き続き「共感の傾聴力」、そしてコーチング、ファシリテーション力を鍛えていく場となります。

開催頻度:月1回(2時間)
参加費: 5,000円(税込、共感の傾聴力」、コーチング、ファシリテーション力の錬磨)


================

いかがですか?

これからも随時参加者は募集していく予定ですので、ぜひ興味がある方はいつでもご連絡を下さい。

人と人のコミュニケーションが、ストレスが生まれる場でなく、たくさんの愛を感じる場所、育む場所になっていくことを願って、この「傾聴の学校」を広めていきたいと思っています。

周りで興味がある方がいらっしゃったら、ぜひこちらの情報を転送して頂けたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。

ザリッチ宏枝
blog comments powered by Disqus