「予祝」

shunnbun
「予祝」という言葉をご存知ですか?

私は、今日初めて知りました。

致知」をいう雑誌を6年ほど前に定期購読するようになった当初、ある号にに出ていた北川八郎氏に感銘を受け、その時はしばらく彼の書籍に触れたり、ブログを読んだりしていました。

しばらく私の中で疎遠になっていましたが、今月の「致知」に北川八郎氏が再び登場されていて、ふと今日サイトに伺ってみたら、ポッドキャストを始められたと知って、早速最近のものを聞かせて頂きました。

そこで、「予祝」のことを語られていました。

それは、「どん底を祝う」いうことです。

人生、最悪の状態で、このまま生きていてもいいんだろうかと思ったとき、このどん底の感覚を祝い、これから良くなっていくんだと信じていくこと、もっと良くなっていくんだとそれを求めることをしなさいと、いうことを教えていただきました。

このお話との出会いが、あまりにタイミング良く、驚いてしました。

この3連休、何か特別なことがあったわけではないのに、ある瞬間から「私の人生には何もない」という「”ない”探し病」と自分でつけている感覚が湧き上がってきて、どうしたものかなと、自分を観察していたのです。

「本当に、この生き方で良かったのだろうか?」

「私は、なんの価値もない人間なのではないか?」

「もう今更、遅いのではないか?」

先日、「
私は愛されている」というブログを書いた張本人がこのような調子ですから、救いようがないというか、「あなた何をしているの?」という感じです。

私はこのようなとき、無理にポジティブに考えたりせず、とことん「どん底」を味わうようにしています。

それは、自分を信頼できるようになったからかもしれません。

これらのネガティブな感覚が、なんらかの理由で今表面化していることを受け止めて、その感覚を思う存分出してあげれば、後は自然と向くべき方向へと向かっていくとわかるようになったからでしょう。

そうやって過ごした数日間を終えた後、こうして「予祝」という言葉に出会い、一気に勇気付けられた感覚になりました。

このような瞬間があると、だから「やっぱり愛されている」と思うんです。

「私は、やっぱり愛の中で生きているんだな」と思うんです。

見捨てられていない。やっぱり、全てはこの愛(アイ)の感覚を思い出すために起こっていると再確認させてもらうのです。

それは、私だけでなく、みんなも同じ条件の中で生きていると、私は信じています。

もしあなたが今人生の「どん底」を味わっているとしたら、ぜひその「どん底」の感覚を祝ってみてはどうでしょうか?

私も、あなたと共にいます。

私たちは、独りぼっちではありません。

ザリッチ宏枝