Stacks Image 11

ザリッチ 宏枝
Hiroe Zarich

1968年生まれ。三重県志摩市出身。
米国フィールディング大学院卒(組織開発論修士号取得)
コーチの資格:米国CTI認定資格 CPCC 2002年4月取得
(Certified Professional Coactive Coach)
国際コーチ連盟認定資格 PCC 2004年4月取得 (Professional Certified Coach)
米国シアトルへの留学後、モルガン・スタンレー証券会社東京支店に入社し、人事部で研修を担当。多種多様な人材を個人レベルで、そして組織レベルでどう輝かせたらいいか?そこへの答えを求めて、就業しながら米国フィールディング大学院で組織開発論 (Organizational Development)を学ぶ。ゴールドマン・サックス証券会社東京支店に転職し、数年間閉鎖されていた研修部の立ち上げと運営、企業文化を教育するプロジェクトに従事し、ヴィアスプレジデントとして東京支店の研修部の責任者となる。1990年代後半に出会ったコーチングを学ぶ過程で、組織全体に関わることよりも、個人にまず関わることを選択し、2002年にライフコーチとして独立。同時期、CTIジャパンの初期のファカルティとしても従事する。2003年に米国ミネソタ州に移住。2006年7月には、活動の場を故郷に近い三重県伊勢市に移し、コーチングをベースとした個人セッション、グループセッション、ワークショップ、企業研修を開催。パートナーと共に英語関連の仕事にも従事する。

訳書:「コーチング・バイブル」東洋経済新報社 2002年 共訳

私がコーチである理由
「全ての答えは、自分の中にある。」

この言葉に惹かれ、コーチングの世界に入りました。

 プロの資格も取り、独立し、プロコーチを養成する講師も努め、コーチング一色の毎日を過ごしていましたが、ある時からスピリチュアルな世界に興味を持ち、様々なヒーリングやセラピーを学ぶため、一時的にコーチングの世界から離れていた時期もありました。それは、人生に対する「真実」を徹底的に追究するための選択でしたが、皮肉にもその探求のプロセスの中で、自分を見失っていきました。「真実は何か?」を探求すれば、するほど、自分のことが全くわからなくなっていったのです。
 
あるとき私は、自分がやっている探求は、全て自分の外に答えを求めにいっていることに気づきました。そして、「全ての答えは、自分の中にある」というコーチングに出会ったときの原点に戻り、再びコーチングによって「自分との信頼関係」を取り戻していったのです。

コーチとして独立してから、悩み多き紆余曲折の道を歩みましたが、必然にも、それらの体験全ては、今の私に導かれるためのものだったと、今ではその見事な魂の導きに感謝しています。
 
本当に、全ての答えはあなたの中にあるのです。それを知ることで、あなたはこれからどんなことがあっても、その答えを自分の中から探し出す力を得ることができます。自分を信じること=「自信」をどうぞ取り戻して下さい。そうすれば、あなたはずっと今よりも平和な気持ちで生きていけるようになるでしょう。
 
あなたの中に全ての答えがあることを思い出して頂くのが、私の使命。それが、私がコーチである理由です。